Tag Archive for gcc

セイコーエプソン製S1C17702マイコンボード+液晶付き雑誌/インターフェイス増刊 すぐに使える!液晶搭載マイコン・モジュール




★画像&リンク先:Amazon
液晶制御機能を内蔵したマイコン(セイコーエプソン製S1C17702)と液晶を搭載した基板が付録です。
gccで開発できるそうですよ。


インターフェイス増刊 すぐに使える!液晶搭載マイコン・モジュール 2010年 01月号 [雑誌]

¥ 3,990

過去、この手の付録基板付き雑誌は3冊ずつ購入してきたんですが、これはどうしようかと思ってます。
実は、ROBOZAK/MR-C3024用LCD(MR-16202 シリアルLCDモジュール)をある装置に組み込んで売ってしまったため、現在ない状態です。レベル変換すればシリアルポートでも読み取れるので別に困りはしないんですが、売ったままなのもどうかなーと思ってます。Arduinoで作るか、別のものを使うか悩みどころではありますが、液晶が付いているならこれでもいいかなぁ・・・と。という訳で何冊かまとめて買うことになると思います。在庫があるうちに・・・ですけど。


※11/22 追記:

セイコーエプソン製S1C17702マイコンボード+液晶付き雑誌/インターフェイス増刊 すぐに使える!液晶搭載マイコン・モジュール

取り敢えず入手しました。

■すぐに使える! 液晶搭載マイコン・モジュール

http://shop.cqpub.co.jp/hanbai/books/MIF/MIFZ201001.html

やっぱり AVR・・・かなぁ。

注文してから1週間ほどかかりましたが、AVR関連のマイコン、その他が届きました。 マイコンも今回は色んなバリエーションを購入してます。とりあえず使
えそうなのは2個ずつ買っておこうと。(←かなりアバウトです。(笑))  通常なら秋葉原に行っちゃうところですが、ここ10日くらいは、夜昼なく働いていたのでそんな余裕もなく通販で片っ端から注文したという感じです。 PIC-BASICで作りかけのボードがありますが、あれはあれとして、最終的にはAVRで作ろうかと思ってます。
色んなサイトでPIC vs. AVRみたいな記事がありますが、後発な分、書籍が少なかったり、ラインナップが少なかったり・・・は、確かにありますが、アーキテクチャが洗練されていて(PIC用のコンパイラが何故作りにくいのかが分かります)、同じクロックなら4倍速い(というより平均4クロックかかるPICが遅いんですが)AVRに分があるように思います。
自宅にはLinuxサーバが3台あるので、クロスの開発環境は、gcc-avr でいいかなぁ・・・と。(インラインアセンブラも使えるんですね) ライタはAVRの場合特別な電源はいらないので「100円ライタ」と呼ばれる簡易ライタが使えそうですが、USB直結のライタを買いました。
AVRといえば、ATmel mega128Lを使っている「MR-C3024」の回路図を見ていて思いましたが、これがどちらのモード(シリアル or パラレル)で書かれたものかわかりませんが、サーボ用の信号線で書き込みできちゃいますね。
 
■しばらく更新してなかったので最新パッケージ適用中のLinuxサーバ
46
 
■AVR関連のパッケージを検索してみると・・・
# apt-cache search  avr
ava – Algebraical Virtual Assembler for Atmel’s AVR MCUs
avarice – use GDB with Atmel’s JTAG ICE for the AVR
avr-libc – Standard C library for Atmel AVR development
avra – Assembler for Atmel AVR microcontrollers
avrdude – software for programming Atmel AVR microcontrollers
avrdude-doc – documentation for avrdude
avrp – Programmer for Atmel AVR microcontrollers
binutils-avr – Binary utilities that support Atmel’s AVR targets.
gcc-avr – The GNU C compiler (cross compiler for avr)
gdb-avr – The GNU Debugger for avr
libgringotts2 – encapsulate data in an encrypted and compressed file
sdcc – Small Device C Compiler
sdcc-doc – Small Device C Compiler (documentation)
sdcc-libraries – Small Device C Compiler (libraries)
simulavr – Atmel AVR simulator
traceroute-nanog – Determine route of packets in TCP/IP networks (NANOG variant)
uisp – Micro In-System Programmer for Atmel’s AVR MCUs
 
■Debianのパッケージ

■インラインアセンブラ関連

・・・使う必要があるかどうかはまだわからないけどあれば安心
 http://ww2.tiki.ne.jp/~maro/AVR/programing/AvrGccInLineAsm.html

■秋月電子通商

・PIC関連 ・・・187件ヒット(3/1現在)

・AVR関連

・・・25件ヒット(3/1現在)件数は少ないけど必要なものはある
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?q=AVR&submit=%B8%A1%BA%F7

・ATMEL AVRスタータキット [STK-500]

■共立エレショップ

■AVR vs. PIC 関連サイト

・ATMEL AVRで遊ぶ – PICを捨ててAVRを使おう
 http://www.mtl.t.u-tokyo.ac.jp/~iizuka/avr/
・いますぐPICをやめてAVRに移行すべき10の理由
 http://d.hatena.ne.jp/yaneurao/20080228

 
■gcc-avrのインストール・・・適当に必要そうなものを(笑)
# apt-get install gcc-avr
パッケージリストを読み込んでいます… 完了
依存関係ツリーを作成しています… 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  binutils-avr
提案パッケージ:
  task-c-devel gcc-doc
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  binutils-avr gcc-avr
アップグレード: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
6794kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に追加で 16.0MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? y
取得:1 ftp://ftp.dti.ad.jp stable/main binutils-avr 2.16.1-1 [2713kB]
取得:2 ftp://ftp.dti.ad.jp stable/main gcc-avr 1:4.1.0.dfsg.1-1 [4081kB]
6794kB を 41s で取得しました (165kB/s)
未選択パッケージ binutils-avr を選択しています。
(データベースを読み込んでいます … 現在 69695 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(…/binutils-avr_2.16.1-1_powerpc.deb から) binutils-avr を展開しています…
未選択パッケージ gcc-avr を選択しています。
(…/gcc-avr_1%3a4.1.0.dfsg.1-1_powerpc.deb から) gcc-avr を展開しています…
binutils-avr (2.16.1-1) を設定しています …
gcc-avr (4.1.0.dfsg.1-1) を設定しています …

# apt-get install avr-libc avra gdb-avr simulavr binutils-avr
パッケージリストを読み込んでいます… 完了
依存関係ツリーを作成しています… 完了
binutils-avr はすでに最新バージョンです。
提案パッケージ:
  avrp gdb-doc toolchain-source
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  avr-libc avra gdb-avr simulavr
アップグレード: 0 個、新規インストール: 4 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
4503kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に追加で 14.5MB のディスク容量が消費されます。
取得:1 ftp://ftp.dti.ad.jp stable/main simulavr 0.1.2.2-5 [89.2kB]
取得:2 ftp://ftp.dti.ad.jp stable/main avr-libc 1:1.4.5-2 [2302kB]
取得:3 ftp://ftp.dti.ad.jp stable/main avra 1.0.1-0.1 [51.0kB]
取得:4 ftp://ftp.dti.ad.jp stable/main gdb-avr 6.4.90.dfsg-1 [2061kB]
4503kB を 29s で取得しました (153kB/s)
未選択パッケージ simulavr を選択しています。
(データベースを読み込んでいます … 現在 69835 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(…/simulavr_0.1.2.2-5_powerpc.deb から) simulavr を展開しています…
未選択パッケージ avr-libc を選択しています。
(…/avr-libc_1%3a1.4.5-2_all.deb から) avr-libc を展開しています…
未選択パッケージ avra を選択しています。
(…/avra_1.0.1-0.1_powerpc.deb から) avra を展開しています…
未選択パッケージ gdb-avr を選択しています。
(…/gdb-avr_6.4.90.dfsg-1_powerpc.deb から) gdb-avr を展開しています…
simulavr (0.1.2.2-5) を設定しています …
avr-libc (1.4.5-2) を設定しています …
avra (1.0.1-0.1) を設定しています …
gdb-avr (6.4.90.dfsg-1) を設定しています …

 
■コンパイルのテスト
<Cのソース>
# more main.c
main( ) { int a; a=1; }  ・・・超短っ!

<Cのコンパイル>
# /usr/libexec/gcc/avr/4.1.0/cc1 main.c

<コンパイル結果>
# more main.s
        .file   "main.c"
        .arch avr2
__SREG__ = 0x3f
__SP_H__ = 0x3e
__SP_L__ = 0x3d
__tmp_reg__ = 0
__zero_reg__ = 1
        .global __do_copy_data
        .global __do_clear_bss
        .text
.global main
        .type   main, @function
main:
/* prologue: frame size=2 */
        ldi r28,lo8(__stack – 2)
        ldi r29,hi8(__stack – 2)
        out __SP_H__,r29
        out __SP_L__,r28
/* prologue end (size=4) */
        ldi r24,lo8(1)
        ldi r25,hi8(1)
        std Y+2,r25
        std Y+1,r24
/* epilogue: frame size=2 */
        rjmp exit
/* epilogue end (size=1) */
/* function main size 9 (4) */
        .size   main, .-main
/* File "main.c": code    9 = 0x0009 (   4), prologues   4, epilogues   1 */

 
■AVRのライタやらマイコンやら。
R0011456

※追記

■FTDI BitBang AVR-Writer


http://www.geocities.jp/arduino_diecimila/avr-writer/index.html


USBシリアル変換モジュール AE-UM232R 950円(秋月)でできちゃうAVRライタです。