Tag Archive for 渋谷SECO

コスプレーヤーとMANOIのコラボ(?)/5/20ユアパ!スピンオフ★vol.10@渋谷SECO

今月も「ユアパ!」に行ってきました。展示の方は、ダメですね。さっぱりです。何を撮っていいかわからなくなってきました。作品を集めているときは、あまり分からないですが、会場に持ち込むとアラが見えてしょうがないです。どこが悪いかは分かるんですが、何を変えたらいいかが分からない。・・・というよりアイディアが枯渇しているような気がします。私はアーティストではないので、新しい驚きがなかったらダメなんです。 惰性で出展していてもしょうがないので、しばらく休もうかなぁ・・・と。そんなことを考えながら夕べは帰ってきました。


ま、それはおいといて、撮影の方は楽しかったので、そちらを。

 
■コスプレーヤーの「はんさん」と「MANOI PF01」
コスプレーヤーの「はんさん」と「MANOI PF01」
※サイトがまだないみたいですが、「gohanda.com」だそうです。 (三度の飯よりご飯が好き(笑))
※サイトができたら、ちゃんとリンクします。
 
ここでは、とりあえず1枚だけですが、あとで整理してアップします。

4/15ユアパ!スピンオフ★vol.9@渋谷SECOに行ってきました!

毎月恒例(第三水曜日)のユアパ!スピンオフ★vol.9@渋谷SECOに行ってきました。今回の出展はコレ(笑) 実物は写真部分だけのかなり大きいサイズの写真です。


↓よく写真展の案内でこんなの見ませんか?ちょっとパロってみました(笑)


S
新作でも何でもなく(Flickrにも前からあがってますし、動画でも以前このブログにあげてます)、2年くらい前に普通のショボいコンデジで撮ったものです。「ふざけているのか?」と言われそうですが、黄昏時の全体の色の感じ(特に右側の道路の赤茶色が絵画チックで好きです)とか、自転車のピカピカ具合(拡大してみると分かりますが、よく手入れされていてスポーク1本1本までピカピカです)とか、フォームの完璧さとか・・・何でどう撮ったかは関係なく、私の中ではかなり好きな1枚です。
実は・・・直前に参加表明をして、これとは別に急遽大量に撮った写真があるのですが、私は何回かトライして仕上げていくタイプのようで、一発OKという訳にはいきませんでした。2月の出展作品がまさにそれで、結局3日間横浜に通って(当初は伊豆にも行っちゃったりもしました(笑))撮ったものです。今回も月曜日大量に撮り、火曜日は雨で、水曜日を迎えてしまったので、この構想は(別に目移りしなければ)、別の機会に発表したいと思います。
前回は、初回だったせいか変な緊張感と、カメラの不調でレンズとの通信エラーが出まくりだったりで散々でしたが、今回の撮影会はかなり楽しめました。今回はHOLGA EXPO 2009出展準備としてHOLGAも持ち込んだりしましたが、これはあえなく撃沈(笑)カメラ本体は、ガムテープで取れそうなところは全部止めましたが、ストロボは止めてなかったため撮影中にとれまくりでした。(ゴロンゴロン落ちてました。) HOLGAは、スタジオ撮りには向かないですね。先月はもう止めようと思ってましたが、ちょっとハマっちゃいました。来月もスケジュールが許せば、こちらメインで行きたいと思いました。 




WIRED CAFE 上野店での展示ですが、投票もやっているみたいです。(計数カウンターでカウントするタイプのようです。)こちらもよかったらご覧下さい。


★ちょっと出掛けるので今はここまで。あとで色々追記すると思います。

HMVからDIGITAL HARINEZUMI(デジタルハリネズミ)が届きましたー!!/試し撮りも。

R0016703
HMVに注文したトイデジ「DIGITAL HARINEZUMI」が届きました。去年の年末に渋谷SECOで行われたプレビューイベントで実物を見てから3ヶ月ちょっと。待ちに待ったカメラです。
 
R0016704
こういうところが、HMVっぽいですね。
 
R0016705
中から本体を取り出すとまぎれもなく「DIGITAL HARINEZUMI」。 当たり前ですが(笑)
あちこちで書かれてますが、電源がうまく入りません。(ちゃんと入る方が稀です。)これは今に始まったことではなく、12月の段階でもそうでした。こういう製品なんじゃないですかねぇ。不良かも知れませんが、トイカメラなのでこういうユルさも含めて楽しんだ方がいいかも知れませんね。(追記:最初は滅多に電源が入りませんでしたが、使っているうちに、ほぼ100%ちゃんと入るようになりました。スイッチの接点か何かのアタリが出るのに少し時間がかかるのかも知れませんね。日本の製品ならそこまで確認して出荷ですが、「Made in China」ですから〜)
 
R0016706 背面には液晶ディスプレイ。一応撮ったあとの確認ができます。ビューファインダー的な役割はしませんので(通常はエラそうに「READY」と表示されています。動画は表示されるので多分やっていないだけです。)、見ないで撮るが基本だと思います。でも、VQ1005/VQ1015と比べれば再生できるだけ全然マシです。
 
R0016707
電池とmicroSDカードは底にあるフタを開けて入れます。電池はちょっとだけ特殊でCR2(3Vのリチウム電池)です。結構ランニングコストがかかりそうです。新品の電池をお店で買って入れたのですが、1本630円(一緒に売っていたfujifilmのCR2は1本840円/ヨドバシなら1本609円、2本で1050円)でかなり高く、しかも、電池の残量が目盛り1つで終わりに近い状態でした。電池が古かったんでしょうか?(Amazonなら2本で440円+送料で買えます。) それから、底には一応三脚用の穴もあいています。マクロの切り替えも底にあります。
 
R0016708
microSDは電池蓋のヒンジ近くに入れるんですが、これまた入れにくく、取り出しにくいです(笑)
全体的には、かなりダメダメな感じです。でも、トイカメラでもっとひどいのを色々見てるのであまり苦になりません。慣れって恐ろしい(笑)
 
■試し撮り(1)

最初に1枚(PICT0001.JPG)です。狙って撮った訳ではなく、電池を入れて使い方が分からずシャッターボタンを押したらこんな感じで撮れました。
Pict0001
Exif情報

カメラメーカー: PowerShovel
カメラ型番: Digital Harinezumi
レンズ絞り値: f/3
ISO感度: 100
フラッシュ使用: Flash did not fire
計測モード: CenterWeightedAverage
露光プログラム: Program

 
■試し撮り(2)

東宝撮影所(東宝スタジオ)の桜です。HOLGAのプラスチックレンズの感じですね。あまりシャープではないです。(VQ1005の方がシャープですね。)
そうそうそれから、持つ時気をつけないと自分の指が写っちゃったりします(笑)
Pict0018
 
■試し撮り(3)

なるほど、という感じですね。再生できるので何枚か撮ってアングルを調整した1枚です。VQ1005ではできないコトですね。
Pict0031
 
■試し撮り(4)

気になる動画です。
 


■載せきれない写真はアルバムに

 
■VQ1005で撮ると

比較のために同じ場所で(同じ絵じゃないですが)VQ1005で撮ってみました。こうやって見ると全然違いますね。
Img_2687
 
■比べるのもどうかと思いますが、GX100で撮ったものです。
R0016710
 


■入手先情報(HMV&camera cabaret)



■入手先情報(楽天×2店)

http://b1.robot.am/2009/03/digital-harin-2.html

※CR2とmicroSDも追加しておきました。