Tag Archive for キーパッド

Whiskey Wands Booze Batons by Michael Knuepfel #Arduino

カッコよくまとまってますね。 なのですが、文化が違うせいか何回解説を読んでも使い方がイメージできません。(ウイスキーって、クラブやスナックのイメージです。)
アルコールセンサーが付いていて、xBeeなども装備しているようです。

Whiskey Wands Booze Batons from Michael Knuepfel on Vimeo.

hyper Security 4×4 keypad LCD arduino wiring avr

.

■hyper Security 4×4 keypad LCD arduino wiring avr

MR-C3024用のキーパッドを作る(その4)

前の記事の続きですが、「統合I/Fボード」の続きではありません。
キーパッドはコストの問題(精度をあげるために無駄な部品を使いすぎ)で統合I/Fボードに組み込むのをやめました。 独立したキーパッドとして作成し、MR-C3024にも(必要があれば)統合I/Fボードにも使えるものにします。 ※汎用なのでADポートがあれば基本的には何でも使えまます。
 
■今回作成したもの
 タクトスイッチ・・・10個/袋で 150円を2袋
 抵抗・・・10Ω × 16本、100KΩ × 1本、5.1KΩ本 210円
 基板・・・1枚 60円
 ※「PIC-BASIC活用ブック」を参考にしましたが、回路図に大きな間違いが
  2つあったので改良しました。
  (問題の1つはショートする可能性があるのでかなり危険です。)
R0011279
 
■実験のための準備 AD(7)ポートに繋いでます。
R0011278
 
■動作実験(動画)
  
 
■サンプルプログラム
ELSEIFって3段までしか使えないのかなぁ・・・?(ELSEIFを書き換えました。)
KEYIN( )を使わずAD( )を使ってます。ハードを組まない分ソフトで・・・ってことです。
AD値は、計測して決めました。現在の抵抗の構成なら計測値±2以下なら、キー同士重なることはありません。
DIM KYIN AS BYTE
DIM KYCD AS BYTE
DIM LL   AS BYTE

LCDINIT
CONT 5
CLS

LL = 99

‘================================================
MAIN:

KYIN=AD(7)

IF KYIN <> 0 AND KYIN <> LL THEN
    IF KYIN > 151 AND KYIN < 155 THEN KYCD = 0
    IF KYIN > 158 AND KYIN < 162 THEN KYCD = 1
    IF KYIN > 164 AND KYIN < 168 THEN KYCD = 2
    IF KYIN > 170 AND KYIN < 174 THEN KYCD = 3
    IF KYIN > 176 AND KYIN < 180 THEN KYCD = 4
    IF KYIN > 182 AND KYIN < 186 THEN KYCD = 5
    IF KYIN > 189 AND KYIN < 193 THEN KYCD = 6
    IF KYIN > 195 AND KYIN < 199 THEN KYCD = 7
    IF KYIN > 201 AND KYIN < 205 THEN KYCD = 8
    IF KYIN > 208 AND KYIN < 212 THEN KYCD = 9
    IF KYIN > 214 AND KYIN < 218 THEN KYCD = 10
    IF KYIN > 221 AND KYIN < 225 THEN KYCD = 11
    IF KYIN > 227 AND KYIN < 231 THEN KYCD = 12
    IF KYIN > 234 AND KYIN < 237 THEN KYCD = 13
    IF KYIN > 240 AND KYIN < 244 THEN KYCD = 14
    IF KYIN > 247 AND KYIN < 251 THEN KYCD = 15
    ‘ ELSE KYCD = 16

    PRINT FORMAT(KYCD,HEX,1)
    PRINT ”  “
    LL = KYIN
ENDIF

DELAY 200

GOTO MAIN

 
■回路図(あくまでもサンプルです。作成・使用は自己責任でお願いします。)
6
.

PowerPointで描いてみました。

 
■利用方法
競技会などに参加すると、競技会場では、無線の機器は競技に影響を与えるため使用制限があります。無線のコントローラを有線で使うことが一般的ですが、roboBASICの場合は、有線も無線も両方とも検知するようにすれば、どちらから信号がきても両方に対応させることが可能です。 会場でのモーションの確認などには威力を発揮すると思います。(競技会場で使うモーションはそんなには多くないので16個もあれば十分です。)

★コネクタ接続なので取り外し可能ですし、ケーブルを少し延ばしても問題ないと思います。

R0011275
 
■常時付けている訳ではないので上のタクトスイッチでも全然問題ありませんが、
 もう少し高級っぽくするなら、電話のキーパッドです。
R0011276